ハンドケアで潤いのヴェール

中高年のアンチエイジングはフェイスケアにとどまらず、ハンドケアも念入りにするのが好ましいと思う近頃。

私は、湿気の有る夏でもハンドクリームを手洗いしてから手の甲にも伸ばして使用しています。30℃とか35℃になっている時期なので、小豆粒程度の量でもす~っとなめらかに使えるのが気持ちいいかなという感じです。

様々有るハンドケアクリーム

半年くらい使っていた美白のハンドクリームは、パルシステムのカタログに掲載されていた商品です。一本でセール価格の1,000円から通常の1,200円と、お値段も購入しやすいものでした。

生協さんでは化粧品カタログも単独になっていて販売時期と回数も限定、ハンドクリームもそのカタログに。年齢が上がると手元も美白が必要と考えて数回使ってみました。美白のハンドクリームなので、昼時間も使うのは勿体ないかなと就寝前に使うことが多かったですが、これも夏になってきれいに使い終え、今はとりあえず100均のハンドクリームになっています。

これも108円ながらモモの葉エキス使用していて、葉の香りなのかほんのりした香りもするし、手の甲などにサラリと伸びて質感がけっこういいものです。

ハンドケア

ハンドケアのクリームは品数が増えていて、商品名であげると普段使いでナチュラル志向と思うユースキンとか、低刺激になっているセバメドもいいかなと私のお気に入りリストに入っています。

ハンドケアでは化粧品メーカーの物で贅沢感のある商品が並びますが、製薬会社が販売している商品も検索してみると種類は沢山あるものです。美白クリームもありましたし、ユースキンだとチューブがミッフィーの絵柄になっているクリームとか「ハナ」の商品名でラベンダーなど3種類がありました。

この日ネット検索したセバメドやユースキンのクリーム、生協さんのカタログで購入した美白と同じようなレベルと感じますね、雑誌にもお勧め商品として載っていました。

夏にハンドクリームを塗るとベタッとするイメージが有りますが、手肌を守る意味では潤いのヴェールは必要不可欠です。まずは値段の安い100均クリームを使いながら、ネット等でお気に入りのハンドクリームを探してみてください。

綺麗な肌で冬を迎える為に-秋のスキンケアの重要性

「これから秋に向けて、お肌の免疫力アップが重要になってきます。保湿をしっかりしてくださいね。」

化粧品販売のおねぇさんからこんな話を聞いたのは、確か9月の終わり頃だったと思います。夏の間にダメージを受けた肌を秋になってもケアせず放っておくと、どんなに高価な化粧品も無意味になると言うのです。

夏の猛暑や冷房による室内外の温度差が原因で、秋に体調を崩すことがありますよね。秋バテなんて呼ばれていますが、体調と同じように肌だってバテているんですって。

夏の太陽

日焼け止め、日傘、帽子等々、夏の間どんなに日焼け対策をしていても、紫外線から逃れることはできないんです。紫外線によるメラニンの増加が、シミやソバカスの原因になることはよく知られていますよね。

それと同時に、紫外線は乾燥ももたらします。紫外線によって、肌の保湿機能やバリア機能が破壊され、乾燥につながっているのです。

秋になれば紫外線も弱まるから大丈夫と、安心してはいませんか?夏に比べて多少弱まる紫外線ですが、降り注いでいることに変わりはありませんよ。更に、秋の気候が疲れた肌に追い討ちをかけるんです。

秋のスキンケアは重要

秋は夏と冬をつなぐ季節の変わり目。季節の変化に対して敏感に身体が反応するこの時期には、肌も敏感になっています。また、徐々に乾燥していく秋は、夏に受けた乾燥ダメージを修復しないまま、更なる乾燥に繋げてしまう事もあるんです。

特にトラブルがないからと、安心してはいけません。自覚が無いとしても、肌の中では確実にダメージが蓄積されていると言われています。

暑い夏を終えたらしっかりとケアして、厳しい冬に備える。スキンケアにとって、秋はとても大事な季節なんですね。

スキンケア

それならば、免疫力アップや保湿に特化した高価な美容液を使えば良いと思う方がいますが、その前にもっと大切なことがあります。

どんなに効果の高い美容液も肌の基礎が調っていないと、その効果は充分に得られなくなってしまいます。

ちょっと奮発して購入した美容液の効果を最大限に生かすためにも、まずは肌の基礎を調えることが重要です。

私が毎日隙間時間にやっている美容方法

私が毎日やっている美容方法は、体が元気になって綺麗になる簡単な美容方法です。

手を綺麗にする運動

グーとパー

スマホやパソコンの使い過ぎると、手や指の血行が悪くなり血色も悪くなって見た目が非常に汚らしくなってしまいます。そんな時は、グー・パーを何回も繰り返してやると、手の血行が良くなって手の痺れや血色が悪いのも解消されます。

手を綺麗にする基本は、「血行」や「血色」を良くする事なので、手が凝って血行や血色が悪い人はグーパーを何回も隙間時間にやると血行の良い綺麗な手になると思います。

顔のたるみ防止にエア風船

私は「顔のたるみ防止」と「若返り」と「ダイエット」の為に、エアー風船膨らましを空き時間にやっています。

やり方は簡単で、大きな風船がある様なイメージで風船を思いっきり膨らませる様に息を吹くのです(一時期流行したロングブレスと同じです)。すると、顔の全体の運動にもなりますし、頬のたるみや顎のたるみも解消されます。また、お腹の腹筋部分を使うので、お腹痩せにも効果があるのです。なので、空き時間にエアー風船膨らましをやると、顔の若返りとダイエット効果になるので一石二鳥なのです。

喫煙は髪の毛の天敵

髪の毛も女性にとって大切な部分で、いつまでも若くありたい部分だと思います。私の場合は、今現在、髪の毛の白髪もなく薄毛にもなっておらず、綺麗で若々しい髪の毛を保っています。

私の髪の毛の美容方法をご紹介しますと、喫煙を絶対しないのが私の髪の美容方法です。喫煙すると、髪の頭皮の血行が悪くなり抜け毛にもなりますし、体の健康も悪くなり髪の毛の質も落ちます。

喫煙

私はいろいろな美容院に行っているのですが、必ず美容院で髪の抜け毛になる原因は何か聞きますと、髪のプロも口を揃えて「喫煙」と言います。

また、私は今現在ツバキ成分の入ったシャンプーとコンディショナーを使用していますが、昔からツバキは髪の毛に良いと言われている通りで、ツバキの成分の入ったシャンプーやコンディショナーを使用しているのが、私の髪の毛の白髪や抜け毛を予防してくれているのかも知れません。

ほうれい線解消に美顔エクササイズ

職場が代わり、仕事で人と接するよりもパソコンと対面していることが多くなり、顔の筋肉をほとんど動かさなくなりました。最初のうちは最近、笑ってないなと思うくらいであまり気にしていなかったのですがふと鏡を見た時、ほうれい線が目立つようになってしまいました。

このままでは一気に顔が老けてしまうと思い、美顔エクササイズの本を買って、それ通りにトレーニングをすることにしました。

参考:運動と食事を組み合わせて美容効果もアップさせましょう

効果覿面(てきめん)!美顔エクササイズ

まだ始めて1ヶ月経っていないくらいですが、話すときに口がもたつくこともなくなったし、笑顔が作りやすくなりました。以前は人に話しかけるときにカミカミになって言いたいことが上手く言えなかったり、舌足らずになったりしていましたが、今ではそういったことはありません。

気になっていたほうれい線も以前より気にならなくなったように思います。顔の筋肉は話したり笑ったりするだけでは使っていない部分が多いらしいのですが、私は特に話すことも笑うことも少なかったので余計に筋肉を動かしていなかったのだと思います。

美顔

顔の筋肉がたるむとほうれい線が目立ちブルドッグのような顔になるばかりか、皮膚がたるんで毛穴が伸びてしまい、毛穴が目立つ肌になってしまうそうです。

エクササイズをするようになって、いろんな筋肉を動かすようになったおかげか、肌も少し綺麗になってきたように思います。

エクササイズの本に、美肌効果があるものや目の疲れを取るもの、小顔効果のあるものなどがあって、気にしていた悩みよりも多くのことが改善されそうで期待大です。

エクササイズをやめたらまたすぐに衰えてしまうと思うので、もう空で覚えてしまうくらいにやりこんで、日常のルーティンにしたいと思っています。

今のところお風呂上がりにスキンケアをした後、やるのが日課になっていて、座ってやるよりも立ったままエクササイズをしたほうがよい姿勢が保ててより効果が高いように思います。このままエクササイズを続けていっていつまでも衰え知らずな女性になれたらいいなと思います。

【40歳を過ぎて】「やってるつもり」の洗顔を変えていきましょう

40歳を過ぎると 「新陳代謝が遅れ」と「ホルモンバランスの変化」で今までの美容方法では、満足に理想に近づく事が出来ません。年相応の少し高級な美容液や化粧品を買って頑張っては見るものの、素肌の調子があまりよくないので、取り繕った感が否めない時もありませんか?

ご自身の美容・スキンケアに関して 「毎日やっているのに効果が出ない」「高級だったのにシミが無くならない」となってしまう理由は 「とりあえず塗っておく」や「この商品ならCMでやっていたから大丈夫」の様に根本的にやり方が違っていたり、商品を過信してしまっている場合も有るようです。

どんなに高級で効果の高いものでも 基本的な素肌の状態に汚れや角質が残っていると お肌に浸透する率も下がりますしCMでやっているような効果は得られません。

洗顔方法を変えていこう

洗顔

美容で一番時間をかけて欲しい事は「洗顔」です。

今や洗顔料も多種多様で選びがいがありますね。毛穴や肌のキメの中までしっかり洗浄してくれるハズなのですが、なかなか赤ちゃん肌には近づきません。ピーリングジェルも楽しいのですが、毛穴の奥までは取れず、ピカピカになれませんでした。色々やってるつもりなんですが効果は気休めです。

なぜなのか?それは、手だけの洗顔では効果があまり現れにくいからです。

スッピンで美しく、美容液の効果を的確に生かすためのアイテムが「洗顔ブラシ」です。手や泡だけでは落としきれない汚れをしっかり取り落としてくれます。洗顔ブラシにも色々種類がありますし、お値段もピンキリ。その他の機能も充実していますので必要に応じて選ぶと ご自分の至福の時を作れると思います。

洗顔ブラシの使い方

洗顔ブラシの使い方は、洗顔料を沢山泡立てて肌にのせ、洗顔ブラシにも泡を馴染ませてからマッサージするように、毛穴の気になるところやシミが目立つ場所をスースーっとブラッシングします。防水機能があるものならお風呂で使えますから、そのまま首からデコルテまでしっかり軽く当てるだけで汚れは落ちますし、何よりとても気持ちがいいんです。

ゴシゴシする必要はないのでシワが出来づらく、手で洗うより綺麗になりますから意外と時間がかかりません。毎朝、毎晩ブラッシングする必要はないので「月・水・金・日は洗顔ブラシの日」と決め、ご自分のルーティーンにする事で「気分も リフレッシュ・お肌をリセット」出来ると思います。

しっかり洗顔ブラシを使い続けると、化粧水、美容液の効果を実感出来るようになりますよ。40代、お肌の基礎から綺麗にしていきませんか?

老化の敵は夏!?夏のアンチエイジング法

一年中で一番肌の老化が進む季節は、「」だと言われています。その理由は、「夏の紫外線の強さ」と「冷たい物を口にする機会が多い事」、「深夜の室温の蒸し暑さ等による睡眠不足」・・・と挙げればキリが有りません。中高年女性には、とてもつらい季節でもあります。

そこで、死ぬまで「女」である事を望む女性に、お勧めの「夏のアンチエイジング法」をご提案させて頂こうと思います。

夏のアンチエイジングケア法

先ず、紫外線対策についでです。出掛ける際は、出来る限りの防御服装をし、UVクリームを塗っている事と思います。この時に気を付けなければならないのが、一日の夕刻あたりまでに、UVクリームを3回は塗り直さねば、効果は半減するという事です。

また、紫外線から逃れ過ぎて、太陽の下を活きる事を皆無状態にすると、これまた、肌のタルミ等を引き起こす事もあるので、まだ紫外線が弱い早朝に太陽を浴びる事も実行した方が良いでしょう。

早朝に数分太陽を浴びる事が不可能な人は、就寝前にカーテンを少し開けて、朝の自然な光を顔に受けて目覚める生活をする事がお薦めで、就寝時に豆電球をつけての目覚めとは雲泥の差がでる美容法なのです。

冷たい物は控えめに

カキ氷

かき氷やソーメンといった「冷たい食物」は、夏には有難いものですが、量を自分で決めて、摂り過ぎないようにしましょう。なぜなら、細胞自体にダメージを与えてしまう事が有るからです。時々は、汗をたっぷりとかくようなホットな食事も取り入れていきましょう。

また、夏の暑さでバテ気味になっているのは、気持ちだけでなく、肌も同様にバテ気味になっています。そのため、朝食から、カルシウムなどの栄養を摂って、体力作りを心掛ける事も必要不可欠です。私は、縮緬雑魚ときゅうりやわかめの酢の物に生姜をたっぷりのせたり、野菜サラダにも縮緬雑魚を加える等の工夫をしています。

食べ物をよく噛んで、頬をリフトアップ

野菜を「噛む」、するめを「噛む」、、、この「噛む」という行為を、より一層増やす事も忘れてはいけない事です。噛む行為は、食事中に出来る「アンチエイジング方法」なのです。

左右の歯をまんべんなく使って、よく噛む事を繰り返すと、頬骨もアップしたアンチエイジングのできた、美魔女の秋を迎える事が出来ると思います。

(参考:夏の日焼けで出てきた シミを 消したい~!

多機能ファンデーションがスゴイ!

BBクリームが発売されてから、ファンデーションもただ毛穴やシミをカバーするだけじゃなく、スキンケア効果のあるものが増えてきました。美肌に見せながら美肌に導くファンデーション、使わない手はありません!

私のオススメ多機能ファンデーション

ファンデーション

私のオススメは「オバジ」の美白ファンデ。オバジC10愛好家の私にとっては、衝撃的な商品でした。オバジ美容液のビタミンCがファンデーションに入っているんです!しかも、お値段3000円程度と非常にお買い得です。オバジC10は、8000円程度するためすごくお得だと思います。

オバジの美白ファンでは、付け心地も悪くなく、薄づきなので、濃いメイクが苦手な方にはとても使いやすいです。「保ち」も良く、夕方になってもベタベタしたり、ドロドロと崩れたりすることもありません。濃いシミをカバーしたい!という人には向いていないかもしれませんが、ビタミンC配合なのでソバカス程度なら薄くなるかもしれません。

それからスゴイのが紫外線を味方につけて肌をキレイに見せるという「トーンチェンジパウダー」です。初めて知りましたが、紫外線を吸収して赤く光り肌の血行を良くして、血色も良く見せてくれるそうです。実際、これを使い始めてから顔色が良くなった気がしますし、気持ちも前向きになれている気がします。

今年で30歳になり、洗顔後の肌にだんだんと乾燥を感じるようになってきました。今まで1000円程度のBBクリームを使用していましたが、切り替えてオバジファンデーションを使い、メイクを落とした後に感じていた乾燥もなくなりました。そこは値段の差なのか、オバジマジックなのか不明ですが、すごく嬉しいです。

使い始めて2週間ほどなので、毛穴や美白などスキンケアに対する効果ははっきりと実感できていませんが、なんとなく肌そのものがイキイキしていると感じています。長年愛用し、信頼のおけるオバジ製品なので、肌もキレイになるといいなぁと思います。もっと早くから使い続けたかったです。

運動と食事を組み合わせて美容効果もアップさせましょう

美容に良いとされる「サプリメント」や「化粧品」などは、種類も値段も様々な商品があります。みなさん色々使われているかと思いますが、長期間使用する場合、どんなに価格が安い商品でも、やはりコストがかかってしまいます。いくら効果が有ったとしても、おサイフ事情によって、途中で断念してしまう事も有りますよね。

美容は、継続してこそ効果が保てます。長期的に考えると、「食事」と「運動」で身体の内側から美しく保てるようにした方が、安上がりですし、続けやすいのではないでしょうか?また、家族や友人とも気軽に情報をシェアできるのも、メリットの一つです。

運動の美容効果

運動と美容は一見関係が無いように思えるかもしれません。しかし、運動をする事で様々な美容効果を得る事が出来ます。

運動をすると汗をかきますよね。この汗は、自然のピーリング効果が有ります。汗は肌表面の古い角質をやわらかくして剥がれやすい状態にしてくれます。そして、古い肌がはがれる事で、新しいツルツルのお肌が表れて、ガサガサお肌とはおさらばというわけです。

これだけでも運動する気になりますよね。

もう一つ、運動による美肌効果を紹介しておきましょう。

運動をする事で「成長ホルモン」の分泌が活発になります。成長ホルモンが分泌されると、体は新しいお肌を一生懸命作ろうとします。先ほどの汗の効果と合わせて、どんどん綺麗な肌に生まれ変わっていく事になります。

運動の効果はまだまだ有りますので、是非、軽い運動でも良いので始めてみて下さい。

運動をするに当たって

ランニングウェア

運動は年齢を考慮し、ウォーキングなど身体に負担がかかりにくいものを選んで行うと良いでしょう。若い人は、ランニングから始めても良いと思います。

その際、ウォーキング用のシューズなど、動きやすい靴を選ぶのが、「ケガ予防」や「運動効果の向上」も期待できるので、おすすめです。

ウェアは、基本的に屋外で行うので、季節に合わせたものを選ぶのが大切です。

汗のかきやすい夏の時期は速乾性のあるもの、風が冷たい冬の時期は風を通さないウインドシェルなどを選びましょう。

競歩やランニングなどやや運動量が上がる時も同様に、ウェアはこだわって選ぶことをおすすめします。

運動をすると、お腹が減りますよね。次は、食事についてです。

食事について

和食

食事も、当然美容には大切です。

和食・洋食・中華などさまざまなレシピがありますが、ベースは和食にするのがおすすめです。

体重を気にして食事の内容や量のバランスが崩れると、体調などに悪影響を及ぼす可能性が高いため、年齢に関わらず、量は少なくても品目は多くするなど工夫しましょう。

身体のエネルギー源である糖質は、ご飯やパン、イモ類などに含まれており、脳や身体を動かすエネルギー源となるので、大切な栄養素のひとつです。

また、運動をすると身体の脂質も消費されるので、肉類なども積極的にとりましょう。

そして、筋肉・骨・皮膚などをつくるたんぱく質も大切です。

特に、運動した後は筋肉の修復などにも使われるので、肉・魚・卵・豆腐などの製品で毎日欠かさず献立に取り入れてみましょう。

献立に困ったら、味噌汁の具を工夫することで、比較的調整が可能です。

季節の旬のものを使うと栄養価も高く、具材を変えることで、それぞれの野菜から出るダシもプラスされるので、旨みも味わうことができます。

そして、たんぱく質として豆腐や、つい摂るのを忘れがちな海藻なども入れることができるので、味噌汁はとっても頼りになります。

ぜひ、いろいろなレシピを作ってみてください。運動も食事づくりも楽しみながら、長く続けていきたいですね。

フェイシャルケアの基本

適当なフェイシャルケアをしていても、あまり効果は得られません。美肌を保つ為には、「フェイシャルケアの基本」を忠実に行う事が大切です。

フェイシャルケアの基本とコツ

フェイシャルケアの基本は、洗顔だけでなく、保湿までもしっかりと行う事です。

まず、洗顔フォームを使って洗顔します。この際の「コツ」は、肌に対する「優しさ」です。洗う時も、タオルで拭く時も、「優しさ」を意識して下さい。ゴシゴシ洗うような洗顔は禁物です。

その後に、「オイル」を使用します。オーガニックオイルだと、肌質の弱い「アトピー肌」にも効くので、効果的です。オイルを手のひらを使ってしっかり伸ばして、デコルテ(首から胸元まで)の方までつけます。

次に、「化粧水」をたっぷりコットンに含ませてつけます。化粧水は肌の水分補給が目的です。オイルを先に塗る事で、より化粧水等が浸透しやすくなります。

その後に「乳液」を同じようにつけます。そして、最後に「美容液」をつけます。目元や口元などの乾燥しやすい場所は、二度塗りしてしっかりつけると良いです。

ここまでが基本です。なお、朝は忙しくて、ケアをする時間が無いかもしれませんが、出来れば「朝」も「夜」も時間をかけて整えた方が良いでしょう。

メイクアップ時のケア方法

次は、「メイクアップした時」に行うべきケア方法です。

まず、お風呂に入って洗顔します。その後、化粧水でコットンパックします。

それだけでもかなりメイクは落ちますが、とれてない部分も所々あるので、クレンジングオイルで綺麗に拭き取ります。

目元のメイクが取りにくく諦めがちですが、メイクを綺麗に落とさずに寝ると、不純物が溜まってしまうので、綺麗に拭き取りましょう。

そのために、綿棒を使って目の下や上も柔らかく綺麗に汚れを取ります。

その後は、美容液をつけて終了です。

美容液を塗りながらマッサージをすると効果的

マッサージ

フェイシャルケアの最後の段階である「美容液」を塗る際に、マッサージも同時に行うと、ケア効果はより現れます。美容液を塗りながら、目元やエラ部分、口元、額など一通り行います。

時間をかけてゆっくりやると良いのですが、肌を痛めないよう、ゆっくり丁寧に優しくが基本です。

マッサージは、5分でもいいので、美容液をフェイスに塗りこんだ状態で行います。

この5分が、後に大きな差になるので、是非習慣に下さい。5分肌と向き合う事が、非常に大切です。

ニキビ対策にホルモンバランスのケアとコスメの見直しを

肌が弱く、肌トラブルが起きやすいのが大きな悩みでした。その悩みの一つが「ニキビ」です。

ニキビは、ホルモンバランスが崩れるとすぐに出来てしまいます。

ホルモンバランスのケアにハーブティー

私はホルモンバランスケア対策として、日頃からラズベリーリーフのブレンドハーブティーを飲むようにしています。

ラズベリーリーフは、そんなに癖がないので飲みやすいハーブティーです。女性向きのホルモンバランスケアにオススメなハーブなので、更にお肌にいい働きかけの有るハーブをプラスして、ブレンドハーブティーを飲んでいます。

ホルモンバランスケアとしてハーブティーを飲み始めたのですが、胃腸の働きにも効果が有ってお通じの改善にも繋がっています。知らない間に、一石二鳥の効果を得ていました。

コスメの見直し

コスメ

それから、使用するコスメにも気を付けています。紫外線は美白を妨げるだけでなく、ニキビにも悪影響を及ぼします。肌の弱い私は、日焼け止めは手放せない存在です。

けれど、肌が弱いせいか、肌に合わない日焼け止めが多く、トラブルが度々起こっていました。肌トラブルとは、「かぶれ」や「痒み」、「痛み」です。これでは、ニキビに更に悪影響があると思ったので、自分の肌に合う日焼け止めを選ぶようにしました。

そこで辿り着いたのが、洗顔料でも落とせる刺激の少ない日焼け止めです。

メイク落としを使用する必要が無いので、肌の負担が減りとても助かっています。長年愛用していますが、テクスチャも軽く肌馴染みがいいので、とても気に入っています。夏場は念入りに塗るのですが、それでも今のところトラブルは起きていませんし、ニキビもしっかり紫外線からカバー出来ているのを感じています。

ニキビは皮脂や油汚れをキレイに落とすことが重要です。だからと言って強く洗いすぎるのではなく、使用するコスメやスキンケアの種類を、見直してみるのも大切だと思います。実際、洗顔料で落とせるタイプの「日焼け止め」や「化粧品」を使うようになってから、とても肌の調子が良くなりました。

ニキビで悩んでいる場合は、洗顔料で落とせるような、肌に優しいものを使用するのが大事だと身をもって体感しました。