ハンドケア

ハンドケアで潤いのヴェール

中高年のアンチエイジングはフェイスケアにとどまらず、ハンドケアも念入りにするのが好ましいと思う近頃。

私は、湿気の有る夏でもハンドクリームを手洗いしてから手の甲にも伸ばして使用しています。30℃とか35℃になっている時期なので、小豆粒程度の量でもす~っとなめらかに使えるのが気持ちいいかなという感じです。

様々有るハンドケアクリーム

半年くらい使っていた美白のハンドクリームは、パルシステムのカタログに掲載されていた商品です。一本でセール価格の1,000円から通常の1,200円と、お値段も購入しやすいものでした。

生協さんでは化粧品カタログも単独になっていて販売時期と回数も限定、ハンドクリームもそのカタログに。年齢が上がると手元も美白が必要と考えて数回使ってみました。美白のハンドクリームなので、昼時間も使うのは勿体ないかなと就寝前に使うことが多かったですが、これも夏になってきれいに使い終え、今はとりあえず100均のハンドクリームになっています。

これも108円ながらモモの葉エキス使用していて、葉の香りなのかほんのりした香りもするし、手の甲などにサラリと伸びて質感がけっこういいものです。

ハンドケア

ハンドケアのクリームは品数が増えていて、商品名であげると普段使いでナチュラル志向と思うユースキンとか、低刺激になっているセバメドもいいかなと私のお気に入りリストに入っています。

ハンドケアでは化粧品メーカーの物で贅沢感のある商品が並びますが、製薬会社が販売している商品も検索してみると種類は沢山あるものです。美白クリームもありましたし、ユースキンだとチューブがミッフィーの絵柄になっているクリームとか「ハナ」の商品名でラベンダーなど3種類がありました。

この日ネット検索したセバメドやユースキンのクリーム、生協さんのカタログで購入した美白と同じようなレベルと感じますね、雑誌にもお勧め商品として載っていました。

夏にハンドクリームを塗るとベタッとするイメージが有りますが、手肌を守る意味では潤いのヴェールは必要不可欠です。まずは値段の安い100均クリームを使いながら、ネット等でお気に入りのハンドクリームを探してみてください。